当園のご紹介

title_aisatsu
  ①戸外遊びを積極的に取り入れた保育
   社会環境の変化に伴い子供達が安心して戸外で遊べる場所が減ってきています。
   当園では、園舎の裏に約1,000㎡の園庭と畑を所有しており、
   子供一人ひとりが周りを気にすることなく遊ぶことができ、その中で自然に触れ合い、
   主体的な遊びができるような保育を目指しています。

  ②異年齢交流を盛んに行う保育
   当園では「オープンプレイ」という0~5歳児の子供達が一緒になって遊ぶ時間を
   設けています。異年齢交流を通して思いやりの気持ちを学び
   誰とでも仲良くなることができる力(コミュニケーション能力)を育み、
   子供達同士でルールや物事を教え合うことができる保育を目指しています。

  ③継続した遊びができる環境設定をした保育
   子供達の「遊び」がその日だけで終わるのではなく、
   次の日も継続した遊びができるように、
   保育者間で連携を取り合い園全体で共通の「ねらい」を持った環境設定を行い、
   子供達が遊びに夢中になれるような環境を提供できる保育を目指しています。

  子どもたちは、初めて経験する集団生活で様々な体験を通して大きく成長します。
  遊びを中心とした保育を通して、子ども一人ひとりの個性や良さを尊重しながら、
  生きていく上で大切な基礎・基本が身につくように心がけていきたいと思います。
 

title_mokuhyou

mokuhyou

title_tokusyoku


  ①オープンプレイ
   広い園庭や保育室での遊びを通して、0~5歳児の子供達が異年齢交流を図り、
   子供達同士がお互いに成長し合える保育を行っています。

  ②小さな親切運動
   乳幼児期より友達を思いやる心や助け合う心を育てるなど道徳性の基礎を養います。
   園独自の「親切運動や善行賞」を実施し、賞揚しています。

  ③体育教室(3・4・5歳児)
   専門講師が来園し、楽しく体育指導にあたります。
   心身共に健全な強い子どもをめざします。

  ④文字遊び・数あそび(5歳児のみ)
   幼児の発達の特性に即して、生活や興味・関心に関連した楽しい文字指導を行います。

  ⑤英語遊び(4・5歳児のみ)
   遊びや歌などで楽しく英語を学習します。

  ⑥栽培活動
   花壇や園の畑で年間を通して花や野菜を栽培して、植物に対する興味・関心を持たせ、
   いたわり、育てる心を育成します。
   また、「食育」の一環で野菜は園で調理し給食として提供をしています。
 

title_nagare

こども園の一日

時間 0歳児 1・2歳児 満3・3・4・5歳児
認定区分 3号認定 2号認定標準 2号短時間 1号認定
7:30 通常保育開始・順次登園・視診・検温 早朝保育
8:00
8:30 通常保育・順次登園
9:00
9:30 ミルク おやつ 支度・自由遊び
10:00
10:30 オープンプレイ
11:30 ミルク 給食 給食
12:30 午睡 クラス活動
14:00 1号預かりと合同保育 順次降園
預かり保育
15:30 ミルク・おやつ おやつ おやつ
16:00 遊び・順次降園 順次降園
延長保育
18:30 延長保育
19:00 降園